世界一周旅行記 ゆめぽろEarth
【正規代理店商品】

グラン・クリュであるコルトン・ブレッサンドの畑は、ナタリー女史の祖父が購入したもの。
コルトンの丘の東側に、合計1haに渡って広がっています。2010年にはかのロマネ・コンティが隣の区画に畑を購入した程、非常にしっかりとした骨格を備え、時間と共に複雑味が増す、濃密でポテンシャルの高いワインが造られています。

ラズベリー、グロゼイユ、ダークチェリー、カシスなど赤い果実、黒い果実の香りが混ざり合い、トロ・ボーらしさが前面に出ている。

2013年のブルゴーニュ地方は、開花期まで冷涼で雨が多い気候が続き、7月に入り晴れて暑くなりましたが、局地的に激しい雹に見舞われ、2012年よりさらに収穫量を減らすことを余儀なくされました。
特にコート・ド・ボーヌの北部の畑は大きなダメージを受けましたが、8月からは太陽に恵まれた理想的な天候が続き、収穫量は少ないものの、美しい酸を残した凝縮感のあるブドウが結実。天候に恵まれない中、造り手の努力が実を結んだヴィンテージです。

ワインアドヴォケイト:89-92
eRobertParker.com #216 (Part 2) Jan 2015 Neal Martin (89-92) Drink: 2017-2030

Unlike the Corton ’13, the 2013 Corton-Bressandes Grand Cru was unaffected by hail. It has a ripe and fresh prune-tinged bouquet that is a little too showy for my liking. The palate is medium-bodied with quite dense, structured tannins. There is a spicy edge to the fruit, although contrary to expectations, I find slightly more harmony and finesse to the straight Corton this year. Actually, a feuillette showed more expressively and with more grace, so perhaps that is the shape of things to come?

アラン・メドゥ: 93ポイント
Tasted: Apr 15, 2015Drink: 2025+Issue: 58Sweet spot
As is often the case this is the best wine in the range with its slightly riper liqueur-like nose that features notes of kirsch, violet, plum, smoked game and a lovely floral nuance. The mouth feel of the big but not really imposing flavors is quite sophisticated thanks to the firm but fine tannic spine that shapes the mouth coating, saline and lingering finish. This is a wine of contrasts as the backend is at once slightly austere yet naturally sweet. Note that while this should more than amply reward 12 to 15 years of cellaring it will very likely drink well young too.

トロ・ボー [2013]750ml コルトン・GC・レ・ブレッサンド-アロース・コルトン!

★トロ・ボー [2013]750ml コルトン・GC・レ・ブレッサンド-アロース・コルトン

もっと見る >
読み込み中
12345
ページ
↑先頭